Husqvarna Vitpilen 701/ハスクバーナ ヴィットピレン701 【サーキット】インプレ

Vitoilen701(ヴィットピレン701)でサーキット走行に行ってきたので

簡単にインプレしてみたいと思います。

※注意※

私はサーキット経験も浅く、サーキット走行と言っても走行会レベルなので深いインプレは出来ません。

あくまで個人の感想として受け止めてください。

ちなみに街乗りでのインプレはこちら

↓ Husqvarna Vitpilen 701/ハスクバーナ ヴィットピレン701 インプレ

Husqvarna Vitpilen 701/ハスクバーナ ヴィットピレン701 インプレ
僕の購入したヴィットピレン701ですが、 購入してからある程度乗り込んだので ここでインプレをしてみたいと思います。 今回は主にスペック、街乗り~高速道路を走行する上...

 

いざサーキットへ

岡山国際サーキットのパワーライド

今回走るのは岡山国際サーキットのパワーライドという走行会。

岡国自体は何回か走ったことがありますが

今回はシケインが追加されて初めての走行です。

初のシケインなので内心ドキドキです。笑

天気はあいにくの雨模様。

幸いポツリポツリ程度の雨量なので、フルウェットまでは無いです。

このまま持ってくれれば、最後の方は路面はほぼドライになりそうなので

”晴れの国”岡山を信じて走ります!

サーキット走行準備

ミラーを外したり、飛散防止のテーピングをして走行準備を進めます。

梅雨時期だったので前日までほぼ雨。

おかげで事前に準備することが出来ずに当日にちょっとバタバタしながら作業を進めます。

本当はウィンカーやナンバーを外したり、ワイヤリングもしたかったのですが

今回は最低限の作業しかできませんでした。

これはバイク屋の店長に教えて貰ったテーピングのコツですが、

走行会ではブレーキライトを完全に塞ぐのでは無く、わずかに見える程度にしています。

走行会では初めてサーキットを走る人も多く参加するので

そのような方が後続車になった場合に減速していることを気付いて貰うのが目的です。

コースイン

最初にも説明しましたが私はサーキットを早く走れるライダーでは無いので

その程度だと思って読んでください。笑

 

コースインの瞬間は毎回緊張しますね。

サーキットインプレ

初のシケイン怖い。

ヴィットピレン701はサーキットもOK

ヴィットピレン701を買ったきっかけは、試乗して「これは街乗り~サーキットまでいけそう」だったので

多少願望も入ってはいますが、ヴィットピレン701はサーキットも走れるバイクです。

ちなみに車体は全て純正の状態で、当時の走行距離は2000キロ弱だったと思います。

さすがにSSのようにサーキット特化なバイクではないので

妥協が必要な部分は出てきますが、個人で楽しく走る分には問題ないと思います。

最高速は200km/h

ネットで調べた限りでは、ヴィットピレン701の最高速は200km/h程らしいです。

今回の走行で200の文字を見たかったのですが、196km/hまでいったところで

ブレーキポイントに来たので諦めました。

もう少し勇気があれば200km/h出たかもしれないですね。笑

 

岡国のバックストレートはSSで200~250km/h程度らしいので

単気筒の700ccにしては頑張っている方かな。

直線で抜かれコーナーで詰める

ヴィットピレン701が強烈な加速をするといっても

あくまで一瞬の話で、SSのようにひたすら加速していくようなことは無いです。

なので、コーナーの立ち上がり~直線ではSSやリッターネイキットに抜かれます。

しかし、軽くシャープな車体はコーナーで有利なので、

ブレーキング~コーナリングで少し詰めることが出来ます。

でもギアがちょっとロング気味?かなって感じで、低回転のコーナーでなかなかアクセル開けれないです。

へたくそなのが原因だと思いますが、ちょっとショート寄りにしてもいいかも。

ブレーキは良い感じだがもっと欲しい

純正ブレーキパッドも良い感じで、シングルディスクの割には制動力もあり

ある程度コントロール出来てました。

でももう少しガツンと効いて欲しいかな。

バックステップ必須

ヴィットピレン701の純正ステップは結構低い位置についているので、すぐに擦っちゃいます。

これからって時に擦って車体を起こさなければいけないので

サーキット行くならバックステップが必須です。

あとステップ低くてハングオンも出来ないですし、ニーグリップもしにくいですね。

 

走向の後半は気力も体力のつき欠けているので、

ステップを擦っちゃうと集中力も切れてダメですね。

ヴィットピレン701でサーキットを走った感想

サーキットを走ってみた感想は、想像していたよりも良かったです。

プロのライダーではないので、サーキットを走る目的は必ずしも速さではありません。

いかに楽しめるかです。

 

その点で、ヴィットピレン701でサーキットを走るのは全然ありです。

十分危険な領域で走れるので、今後も最善の注意をして楽しみたいと思います!

改善が必要と感じた点

最後に、今後さらにサーキットを楽しむために

改善が必要だと感じたことをまとめて終わります。

【早急に必要と感じる】

・バックステップ必須

・スプロケ変えてロング気味のギヤをショートにする

・ブレーキを純正から社外品へ交換

 

【おいおい必要と感じる】

・タイヤをハイグリップにしてもいい

・スクリーン等の風対策

・フェンダーレスやヘッドライト・ウィンカーの簡単な取り外し方法

・アンダーカウルでオイル漏れ対策

・マフラー交換

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました