【驚異の輝き】KAWASAKI/ガラスファイバーコーティング「GFCL UV-CUT」

KAWASAKI/ガラスファイバーコーティング「GFCL UV-CUT」で

バイクをピカピカにしてみた!

IMGP4387 (1024x678)

KAWASAKI/ガラスファイバーコーティング「GFCL UV-CUT」とは?

この商品を簡単に紹介すると

ファイバー状のガラス素とフッ素が絡む柔軟かつ硬質な質感で、重厚な光沢感のコーティング剤
全反射の重厚な光沢と、紫外線の劣化を防ぐなど、極めて高い塗装保護力が特徴

となってます。

 

20mlで1個3,000円ほどです。

写真をみてもらえばわかると思いますが、容量は少ないですね。

でもよく伸びるので、ZX-10RのようなリッターSSでも1回のコーティングでちょっと余るくらいです。

なので大半のバイクには本商品は1個買えば十分です。

 

カウル・タンクはもちろんフレーム・ホイールといった素材を選ばずに使えます。

黒い塗装の上からコーティングすると重厚な光沢になるのでオススメですよ。

 

コーティング方法は?

コーティング方法は極めて簡単で、専用のスポンジに数滴出して車体に塗っていきます。

 

伸ばしながら塗っていくイメージでムラにならないように注意してください。

 

IMGP4396 (1024x678)

IMGP4445 (800x530)

IMGP4438 (800x530)

 

ちなみにヘルメットにもオススメです。

 

IMGP4393 (1024x678)  いい感じです。

注意点はある?

注意点としては2つ。

①ホコリ・ゴミをきれいに取り除くこと
②水分に触れさせない

 

この商品は薄いコーティング層を形成するので

気を付けないとゴミなどがコーティング層の中に埋もれてしまします。

埋めれてしまった場合は取り除くのが困難なため

なるべく綺麗な状態で作業をはじめましょう。

 

また、水分があるとコーティングが不安定になってしまうので、

晴れた日か、ばらせるパーツは室内で作業することをお勧めします。

なかなか難しいですが、2日ほどは雨に濡れないように注意したほうがいいです。

 

コーティングの持続期間は?

コーティングの持続期間は半年ほどです。

半年経つと光沢感が落ちたように感じます。(それでも綺麗に見えますが)

 

その場合、再度コーティングすることで1回目に出来上がったコーティング層の上に

さらに層が出来るので、紫外線による劣化を防いだり、塗装保護力がより増します。

 

継続して使用することがオススメです。

IMGP4431 (800x530)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました